FC2ブログ

泥棒は泥棒だ。

2020年05月13日 16:36

“火事場泥棒”という言葉がある。

火事が起きているときの混乱に乗じて泥棒を行う卑劣さを表す言葉なのだが、
火事場だろうがなんだろうが、泥棒は泥棒だ。


有力俳優が所属する事務所が売れていない俳優込みで売り込むことがあるが、
それをバーターという。バーターとは「束(たば)」を逆さまに言った隠語だ。

誰も反対しないであろう国家公務員法改正案の中に検察庁法改正案を含めたのは、
バーターではなく、カモフラージュ、或いは偽装と言う。

このように、
いま採決されようとしている国家公務員法改正案については次々にツッコミたくなる。

だから、何百万人もの人々が「#検察庁法改正案に抗議します」と表明しているのだ。
しかし一方「#検察庁法改正案に抗議します」に抗議する人や批判する向きもある。

「この改正案を全て読んで抗議しているのか?」
「内容も理解せずに雰囲気に流されて抗議するな」

そんな意見などだが、
改正案を全て読んでいなくても抗議していい。
内容を理解していなくても雰囲気に流されても抗議すればいい。

専門家や研究者・学者でなければ議論や抗議はするなというのは民主的ではない。

民衆は、感覚でも雰囲気でも行動を起こすのだ。起こしてよいのだ。

それよりも、
検察庁法改正案を審議するのが法務委員会でなく内閣委員会で審議されるのも異常だし、
検察庁人事に関する法案改正が含まれるのに法務大臣が出席しないのも異常だ。

であるにもかかわらず、
法務大臣は会見で「国民の誤解や疑念については真摯に説明してまいりたい」とした上で、
「改正案の内容については問題が無い」と発言した。

このタイミングで“国民の誤解”と発言することが神経に障る。
その一事を以ってしても「#検察庁法改正案に抗議します」と抗議してもよいのだ。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4237-d22ac035
    この記事へのトラックバック


    最新記事