FC2ブログ

歴史

2020年01月25日 23:59

壬生のほたる

午前中は、
「雑司が谷 寛」を見たいという方々の見学会のアテンド。

三角寛が生きた、戦前から戦中・戦後のお話しを、
三角寛本人に遇ったこともないわたしが説明するという、
かなり見てきたような嘘を言う眉唾企画であります。 


午後は、
豊島区立図書館の企画「映画のまち“池袋”」というゼミナールに
ご招待いただきました。

日本映画の歴史から、
豊島区内の映画館、撮影所の歴史を学ばせていただきました。

戦後開館した人世坐文芸坐のお話しは、次週のお楽しみ。


そして夜の部は、
お芝居「壬生のほたる」公演を観劇。

新撰組隊士・島田魁が遺した「新撰組日記」をモチーフに、
生き急ぐように、あの時代を駆け抜けた人々を描いたお芝居。


さて、
戊辰戦争や戦前・戦後を識ることも大事なのですが、
現在の世界の今後が心配です。 

現在が将来歴史の一部になるのですから。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4123-35ff1c6c
    この記事へのトラックバック


    最新記事