FC2ブログ

「雑司が谷 寛」閉店

2019年12月26日 20:14

雑司が谷寛の門

【お知らせと御礼】

本日をもって、現在の「雑司が谷 寛」は閉店いたします。


作家になったばかりのかみさんの祖父・三角寛が、
雑司が谷のこの家に移り住んでから85年が経ちます。

三角寛が亡くなって17年経った1988年(昭和63年)7月、
自宅として使っていたこの家を懐石料理の店にしました。

店名を「雑司が谷 寛」と名付けました。

「雑司が谷 寛」は、近所に菊池寛さんのお宅が在ったので、
菊池寛さん所縁の店かという誤解もありましたが、
三角寛由来でもありますし、女将(母)の名が寛子でした。

三角寛が住んで執筆に励んだ当時のままを残しており、
庭をはじめ、三角寛が手ずから塗った漆塗りの柱は壁、
木彫りの双竜の板戸や映画館人世坐所縁の弁財天など、
異色の作家と謂われた三角寛を肴にお食事をしていただく、
そんな趣向の店でした。

名目上では女将は母でしたが、実質的にはかみさんが務め、
わたしは一時期支配人をしておりました。

その「雑司が谷 寛」株式会社女将塾に貸し、
同じコンセプトで新たにオープンしたのが15年前の2004年です。

しかし、
建ててから100年近くなるであろう建物の老朽化は避けられず、
東日本大震災には耐えましたが、耐震診断を受けた結果、
耐震性という点では、脆弱な建物と言わざるを得ない家です。

貴重だ、勿体無いというご指摘は当然と覚悟の上でしたが、
この家を取り壊し、新たな店づくりを決意いたしました。

わたくしどもの経営時より女将塾経営の間も、
「雑司が谷 寛」をご贔屓くださった皆様に、心から御礼を申し上げます。

長い間、ありがとうございました。

雑司が谷寛の玄関

CIMG7417.jpg
<わたしたちが経営していた頃のパンフレット>

CIMG7416.jpg

CIMG7419.jpg
<お昼のミニ懐石松花堂>

CIMG7418.jpg
<ひとのよ弁財天略縁起>



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4088-2dbdcb70
    この記事へのトラックバック


    最新記事