FC2ブログ

LED照明

2019年12月12日 16:19

LED

Light Emitting Diode、日本語でいうところの発光ダイオード、平たく言えばLED。

このLEDは、赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんらによって発明され、
彼らはそれらの功績が認められて、ノーベル賞を受賞しました。

このLEDを用いた照明は、
消費電力が低く抑えられて長持ちするといった特徴があるというので、
我が家でも数年前に照明の電球をほとんどLEDに替えました。

そのLED電球の中で、或る大きさの調光機能を持った電球のほとんどが、
A社製の電球でしたが、10月に二つ続けて電球部分だけが落ちました。
割れはしませんでしたが、孫が寝ている傍に落ちていたので驚きました。

そこで、
購入した量販店に行き、事情を説明して同様の事例がないか調べてもらったところ、
同様の事例には心当たりがないが、A社はLED電球から撤退したので現在生産していない
という応えでした。そして、A社の窓口の電話番号を教えてくれました。

電話するにしても、現在点いている電球に更に不具合があってからと思っていたところ、
先日、三個目の電球が落ちました。

そこでA社窓口に電話すると、現場を見た上で電球を買い取らせてもらいたいとの応え。
日時を指定して、A社の担当者が来宅することになりました。

来宅までに我が家に着いているA社のLED電球を取り外しておこうと電球を緩めたら、
更にまた一つ落ちました。これで我が家に着いていたA社LED電球8個の内4個が落ちました。

来宅した担当者が言うには、或るロットに不具合が見つかっていて、同様の事例がある
ということでした。そこで電球が落ちていてもいなくても1個千円で買い取らせてもらいたい
とのことでしたので、計8個を渡しました。

そしてきょう、量販店に行って同様の調光機能が付いているLDE電球を買おうとすると、
調光機能が付いている電球で1個千円で売っているものはありませんでした。
調光機能が付いていなくても、ほとんどが1個2~3千円の物ばかりです。

結局、1個3.5千円する球を買ってきました。

A社は撤退してしまったLED照明ですが、
熱で電球を取り付けていた糊が溶けて剝がれるという作り方がお粗末だったことと、
補償の仕方もお粗末だったことを、わたしは忘れません。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4074-f8410425
    この記事へのトラックバック


    最新記事