FC2ブログ

遺すこととつなぐこと

2019年12月04日 16:07

史料

きょうは、豊島区の或る部署の方たちが三人、我が家を訪れてくださった。

わたしのかみさんの母方の祖父で作家であった三角寛と、
一昨年亡くなった父で映画館文芸坐の元・経営者だった三浦大四郎
そして、映画館人世坐文芸坐についてお話を聴いていただいた。

過去は過去でも、その過去をどうやって遺すことができるか、
その過去をどうやって現在と未来につなげることができるか、
そんなことを相談に来られたのだ。


説教強盗に始まって、サンカサンカ小説妻木松吉、映画館人世坐が建つまで、
弁天様、映画館の大屋根に日の丸を揚げた話、父と母の馴れ初め、労働争議、
文芸坐が名画座と呼ばれるまで、文芸坐の数々の特集やフェスティバル、
中国映画祭東京国際演劇祭池袋演劇祭新文芸坐のこと、豊島区との関係、
父の晩年・・・etc.

ひとつ一つの話にボリュームがあるから、4時間半の打ち合わせになってしまった。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4066-a360cceb
    この記事へのトラックバック


    最新記事