FC2ブログ

生き別れ

2019年12月01日 18:01

わたしも、この12月で63歳になる。

半世紀以上生きていれば、
祖父母たちや両親が亡くなっているのは“自然”なことだ。

だから、
わたしもかみさんもそういった多くの係累を見送った。

そして、
いま現在、病と闘う友人知人も多い。

先日、一周忌を迎えた高校時代の親友がいる。

なかには、
いまにも訃報を受け取ってしまうかもしれない状態にある友人も数人いる。

人間は生身の肉体を持っているのだから、これは仕方がないことだ。
但し、順番だけは守ってほしい。


ところが、
不本意ながら、生きている間に別れなければならない人間もいる。

どんなに抗っても、どんなに説得しても、別れざるを得ない人間。
それは哀しいことだが、それも人間である以上仕方がないのだろう。

彼が、
いつか自立して世間に顔向けできるようになったという噂を聞く日があればいいと思うが、
それでも、多分わたしはもう会わないだろう。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4063-21ab0f77
    この記事へのトラックバック


    最新記事