FC2ブログ

大勲位逝く

2019年11月29日 14:50

中曽根康弘元総理

我が家の近所にお弁当屋が在る。
その裏手に、息子の友人の家が在るが、その家のお祖父さんが亡くなった。

世間から「大勲位」と呼ばれた元・総理大臣・中曽根康弘氏だ。


群馬県出身で東京帝国大学法学部政治学科卒業後内務省に入省。
戦時中は海軍主計士官(少佐)に転じ、終戦後には内務省に再び勤め、
退官後、29歳の年に衆議院議員に当選。
1982年(昭和57年)、 第71代内閣総理大臣に就任。1987年まで務めた。

日本の原子力発電政策において、
正力松太郎と共に日本政界における原子力政策推進の両軸と謂われている。
一方、国鉄、電電公社、専売公社の民営化を行った。
また、「自主憲法制定」をライフワークとした。

「政治家は、歴史の法廷の被告人席に座る」

大勲位は、そう言ったことがあるが101歳。
歴史の長い法廷が必要だろう。

そんな大勲位から現政権はどう見えるだろうか?

こちらは、
この世の法廷の被告人席に座ることになるかもしれない。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4061-d01a0874
    この記事へのトラックバック


    最新記事