FC2ブログ

3年前のきょうからの7か月

2019年11月24日 12:03

3年前のきょう、
真冬並みの寒気と低気圧の影響で、東京には朝から雪が降りました。

11月に東京で降雪を観測したのは1962年以来54年ぶりでしたが、
午前11時には積雪も確認され、観測史上初めてのことだったそうです。

それにしても、
前日の11月23日には日韓秘密軍事情報保護協定が締結されていました。
いま話題の日本と韓国が秘密軍事情報を提供し合うGSOMIA締結のことです。

ですが、
テレビ各局は早朝からずっと東京の雪についてばかり報道していました。


その日、
前日の昼にわたしが作った「すき焼き」を食べてショートステイに向かったむぅむぅ(義父)が、
午前中から熱を出し、夕方には38.5℃に上昇したと施設から連絡をもらいました。

むぅむぅは、11月23日から25日まで2泊3日でショートステイすることになっていました。
しかし、高熱を出した場合には引き取ることになっていました。

むぅむぅを迎えに行って、その足で最寄りの開業医の病院で診ていただこうと向かうと、
病院は休診日でしたので連れて帰ろうかと思ったのですが、都立病院の救急外来に
電話して受け容れていただくことにしました。

“救急”といっても、ほんとうに長い時間待たされました。
病院の車イスに乘って診察を待つ間、むぅむぅは意識を朦朧とさせておりました。

診察につづき、血液・エコー・CTと検査をつづけた結果、即入院となりました。

引きつづき検査を重ねて高熱の原因を特定したいということもありましたが、
全体症状が重篤だということでした。

むぅむぅは要介護状態でありましたから、不思議はないのかもしれませんが、
家族としては“青天の霹靂”でした。


その日から2ヵ月入院したものの、担当医師や病院に度々不信感を覚えて、
病院の反対を押し切って、翌年1月24日にわたしたちはむぅむぅを退院させ、
我が家に連れて帰ってきました。

それから約5ヵ月間、むぅむぅは自宅の自分の部屋で過ごして旅立ちました。

あの7ヵ月間は、次々に様々なことが起こり判断に判断を迫られた日々でした。
でも、3年経ってみると後悔はありませんし、懐かしい時間です。




スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4056-efab94e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事