FC2ブログ

ベテルギウスの記憶

2019年10月10日 12:41

未明の4時頃だった。

目が醒めていて、窓を開け空を見上げた。
南の天空にオリオン座大三角形が見えた。

台風が近づいているというのに、嵐の前の星空が広がっている。


わたしが小学生の頃、父が星空を見上げて星の話をしてくれた。

オリオン座を観ながら、あの星たちは何百光年も遠くにあって、
いま光っている星の光は何百年も前の光が今地球に届いているのだと、
光の速さや一光年の説明をしてくれた。

だから、光より速い乗り物があったら光を追い越して、
過去の地球の光を観ることが出来るのだと話すのだった。

おもしろい話だったし、星空を見上げたまま話を聴いていたので、
わたしが途中で深呼吸するつもりでため息をついたら、
父は話を止めてしまった記憶がある。😓

父の星の話はおもしろかったし星に興味をもったが、
ご多分に洩れず平凡な子であったわたしは、天文学者にはならなかった。

因みに、オリオン座の赤い星ベテルギウスは、地球から640光年離れているが、
星の寿命が尽きようとしているらしい。

今、ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら、640年後の人々がそれを観るだろう。


さて、
ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さんは小学4年生のときに、
新任の女性教師から英国の科学者ファラデーの「ロウソクの科学」という本を薦められ、
「ロウソクはなぜ燃えるのか、炎はなぜ黄色いのか、化学はおもしろそうだな」と思ったそうだ。

やはり才能のある人は違う。😄


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/4009-fde52604
    この記事へのトラックバック


    最新記事