FC2ブログ

全龍寺

2019年09月26日 17:05

お彼岸

お彼岸の最終日になって、やっとお墓参りに行ってきました。

新大久保駅の近く、大久保通り沿いに、
我が家の菩提寺である全龍寺が在り、その墓所に墓は在ります。

全龍寺は、
寛永4年(1627年)江戸幕府将軍徳川家光の時代、
鐵雙和尚により、臨済宗の寺として創建されました。

ご本尊は釈迦如来

現在は、
正式に「海亀山全龍寺」と称される曹洞宗のお寺です。

なのに、うちのお墓には「南無阿弥陀仏」と彫ってあります。

祖父が浄土真宗の寺で修行した人だったからですが、
全龍寺には受け容れていただいています。


さて、
全龍寺は、元々は「全龍庵」と称されたお寺でした。

その昔、源頼朝公が奥州征伐に向かう道の途中、
街道の傍らに在った全龍庵に立ち寄りました。

そこで、湯を所望し、
また奥州平定の祈祷を依頼して出発した寺でもあります。

その後、奥州征伐の凱旋の折には再び立ち寄って、
松の木を植え、土地を寄進したという記録が残っていたそうです。

奥州征伐の勝利祈願をした寺とあっては、
奥州藤原氏源義経主従にとっては敵寺。

息子が、
歌舞伎で「勧進帳」を演るときのお墓参りは、どうしたらよいでしょう?

全龍寺の彼岸花


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3986-693ba577
    この記事へのトラックバック


    最新記事