FC2ブログ

グランドに敵はいない

2019年08月19日 14:45

箱根

環境省は、連日「暑さ指数」を発表している。
8月18日14時の大阪の暑さ指数は31.1で危険だと警告していた。

「熱中症の危険性が高まっています。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。
運動は原則中止し、乳幼児や高齢の方は水分を補給しましょう。」

そんな中、わたしは涼しい場所で甲子園のテレビ中継球場を観ていた。

準々決勝第3試合、星稜(石川)対仙台育英(宮城)の7回裏。
仙台育英の攻撃中に星稜の先発・荻原の右手がつりかけた。

すると、
ベンチにいた仙台育英の小濃選手が、荻原投手の異変に気づいた。
スポーツドリンクの入ったコップを持ってベンチから飛び出して、
マウンドの星稜の萩原投手に駆け寄って言った。

「怪我したらダメだ、これ飲めよ」

観ていて、一瞬なにが起こったかの判らなかった。

マウンドに立つ相手チームの投手にスポーツドリンクを持ってゆくなんて、
そんなことが出来るんだ!?でも、そんなことする選手など見たことない。

それにしても、
夏の甲子園球場は、連日気温が35℃以上になるのだそうだ。
そして、スタンドでもグランドでも体感温度は40~45℃にも達するという。

そもそも、
これだけ熱中症の危険が警告されているのに、なんで野球の試合なのだ?
何ゆえオリンピックなんだ?

でも、
連日暑苦しい話題ばかりが報道されているなか、昨日の甲子園球場には、
涼しい風が吹いた気がした。

星稜にも清涼の風。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3945-d80d2cfe
    この記事へのトラックバック


    最新記事