FC2ブログ

眼差し

2010年02月23日 19:02

女性が、漬物石に取っ手をつけたような石を滑らせて、

相手の石をはじいて的におくというようなね、

アレ、カーリングというんですか? オリンピックでやってますよね。

ルールがよく解からないのですが、

要するにおはじきのようなものですかね?


むかし、私が小さい頃のことです。

徳島の祖母が私のおはじきの相手をしてくれました。

徳島の祖母は、私の父方の祖母です。

父が末次一郎さんからの依頼を請けて沖縄に行ったとき、

徳島の祖父母に預けられた5歳の私は、

祖母に強請って、よくおはじきの相手をしてもらいました。

父の実家はそのころ、台所も風呂も薪で焚いていましたので、

家の中は、いつも焚き火と線香と祖父や伯父が吸う煙管の煙の臭いがしておりました。

臭いといえば、二階に上がった階段の突き当たりに、

米を仕舞っておく納戸が在りましたが、

私は、その納戸の中のかび臭いニオイが大好きでした。


祖母と散歩すると、畦道に生えている草や花の名を教えてくれました。

祖母は、なんでも知っている博士のような人でした。

私はナゼか、本気で祖母から産まれてきたのだと思い込んでおりました。


現在、徳島市内に住んでいる叔母が、その祖母に似てきました。

特に、笑い声がそっくりです。

いくつもの大病を患ってはいますが、

祖母と同じように、人に尽くすことを惜しまず、

人への感謝を忘れない人です。

「ひでかずちゃん!」と、私を呼ぶ声の響きに、いつも慈愛を感じます。


この私も、

おはじきの相手をしながら祖母が向けてくれていたであろう私への眼差しを、

孫ができるような歳になって、ようやく感じるようになりました。

ありがたいことです。




スポンサーサイト





コメント

  1. 三浦秀和 | URL | cwiuqksw

    Re: 眼差し

    湯河元敬さん

    湯河さんにもいらっしゃるでしょ?

    お父上とお母上、
    二人のお祖父様とお祖母様、
    そして、四人の曽祖父様たちと曾祖母様たち・・・

    三浦秀和

  2. 湯河 元敬 | URL | SVEFzuYE

    Re: 眼差し

     三浦君へ

     三浦君のバックボーンを思うと、とても温かな、そしてちょっと質素な素朴な匂いを感じます。

     そしてそのことを大切に大事にしている君に、とても好感を持ちますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/393-866d34d2
この記事へのトラックバック


最新記事