FC2ブログ

最後の「夏の雲は忘れない」

2019年06月24日 23:59

「夏の雲は忘れない」

わたしは、演劇制作体地人会公演、
朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」の制作担当者の一人でした。

朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」は、
1985年の初演から2007年までの23年間、全国393市区町村で767回の公演を行いました。

しかし、演劇制作体地人会
主宰者の体力問題で25年余り8,000回を超える公演活動に終止符を打ち、
地人会公演の朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」も終了しました。


この、朗読劇「この子たちの夏」の創作イメージの原点は、1969年広島テレビ制作の、
「碑(いしぶみ)」というドキュメンタリー番組でした。

その番組は、
広島出身の女優・杉村春子さんが、被爆し全滅した広島二中の生徒たちの被爆体験を、
生徒の母たちがしたためた手記を基に朗読するという内容でした。

ドキュメンタリー番組「碑(いしぶみ)」は、
杉村さんの高度な朗読技術もありますが、聴き手の想像力が朗読という手法によって、
映画やテレビドラマが如何にリアルに描いたよりも生々しく迫力を持つことに気づいたのが、
朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」の創造につながったのでした。


杉村春子さんは1906年生まれでいらっしゃいますから、当時の子どもたちの母親世代ですが、
地人会公演で朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」に長年出演されていた
女優の皆さんのほとんどは、当時の子どもたちの世代でした。

この地人会公演「この子たちの夏」に出演してきた18人の女優さんたちは、
2008年に「夏の会」を立ち上げ、朗読劇「夏の雲は忘れない 1945・ヒロシマ ナガサキ」を創り、
毎年夏に全国を巡演してこられました。

しかし、戦時中子どもだった女優の皆さんも高齢となり、今年の公演・巡演が最後になってしまいました。

そこで、
きょうは、地人会公演「この子たちの夏」夏の会公演「夏の雲は忘れない」で、
35年という年月、暑さ厳しい時季にご苦労されて活動をつづけてこられた女優さんたちに
感謝と労いの言葉をかけさせていただきました。

女優の皆さま、長い間おつかれさまでございました。ありがとうございました。
そして、どうかご無事で千穐楽をお迎えになられますように!

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3887-2b9c8986
    この記事へのトラックバック


    最新記事