FC2ブログ

「雨傘運動」前夜

2019年06月15日 14:55

香港2014年5月

2014年5月、わたしは香港を旅行していた。

香港中環(セントラル)の街を散策していたときに、
選挙運動中の一団に遭遇した。

一団は、ラッパを吹いたりしながら賑やかに行進していた。

その人たちが、どういう人を支持して運動していたのか、
どのような主張をしていたのかは判らなかったが、
香港の選挙運動風景に興味があったのでカメラを向けた。

しかし、
いまにして思えば、所謂「雨傘運動」の直前だったのだ。

雨傘運動」というのは、
2014年9月28日から79日間続いた民主化要求デモのこと。

2017年の香港行政長官選挙をめぐって、
中国の中央政府により民主派候補者は実質的に排除され、
親中団体のみに投票権が与えられるという決定に抗議した
学生と市民数万人が行ったデモ活動のことだ。

要するに、
香港行政長官に誰でも立候補できる“普通選挙”を求めたのだ。

そして、
現在香港で起こっている103万人が参加したと謂われる大規模デモは、
表面上は犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」、
その改正案に反対するというものだが、香港の民主主義を守ろうという、
1997年の香港のイギリスから中華人民共和国への主権返還時からの、
香港人の民主化運動が背景にあるワケだ。

だが中国外務省報道官が、
「香港で起きたのは平和集会ではなく、公然とした組織的な暴動だ」と発言。

中国外務省は、抗議デモは「香港の主な民意に反している」としたうえで、
条例改正で香港の表現の自由や自治が揺らぐ可能性を指摘したアメリカなどに
「内政干渉だ」と反発している。

中国では海外メディアの放送を遮断する一方、デモの詳細を報じないだけでなく、
条例改正の必要性と条例改正の支持者が主流派だと繰り返し伝えているらしい。

香港人は、香港は民主的に“普通”でありたいということなのだが、
香港は、“天安門”がある国に返還されちまってるというワケだ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3877-d7b31049
    この記事へのトラックバック


    最新記事