FC2ブログ

紫蘇

2019年06月12日 18:59

紫蘇サラダ

日本で「シソ」と言えば、葉が赤い「赤じそ」のことを指すようですが、
紫蘇」という当て字を見れば、分かりやすいですね。

「紫蘇」という植物の名は、そのむかし食中毒に罹った人が、
葉の効能で蘇ったという逸話から名付けられたのだそうです。

その「紫蘇」ですが、
葉が青い「青じそ大葉)」も「荏胡麻(エゴマ)」も広義では紫蘇。
同種の変種という位置づけなのだそうです。

いずれの紫蘇も栄養価が高く、
不快な梅雨時と、暑い夏を乗り切るための有効な食材でしょう。

そこで、
かみさんからよくリクエストされる「青じそ」を使った一品を、まず紹介します。

簡単です。

青じそ(一袋:10枚程度)を細く切ります。
茗荷(3本程度)を細かく切ります。
オクラ(5本程度)を細かく切ります。
これらを混ぜてダシ汁で和えるだけ。
味付けはお好みで。

食材は、
他に山芋とかキュウリとかワカメを使ってもいいでしょう。

ですが、きょうはちょいと趣向を変えて作ってみました。

青じそ(一袋:10枚)を細く切ります。
三つ葉(1袋)をサッと茹で冷水で冷まし5cmくらいの長さに切り揃えます。
茗荷(3本)薄く斜め切りにします。
油揚げ(1枚)を焦げ目が付く程度に焼いて細く切ります。
これをダシ醤油と、エゴマ油で和えてみました。

ゴマ油ですと青じそ三つ葉茗荷の香りを損なってしまいます。
そして、エゴマ油も“紫蘇”から出来ていますが、匂いはありません。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3875-d5ac92ad
    この記事へのトラックバック


    最新記事