FC2ブログ

煮物

2019年06月11日 20:00

イカの煮物

先日、板前をやっている息子の親友と、
わたしが懐石料理で楽しみなのは椀の物酢の物だと話しました。

モチロン、季節の先取りを愉しむ先付や、仕事がしてある向付
季節の魚や肉料理の焼き物もうれしいものでありますが、
意外に人気がないことが多いのが、炊き合わせ(煮物)です。

店(懐石料理店)をやっていたときに、
酒席に出した炊き合わせの器がなかなか空かなかったりしたものです。

すると、板前が次の準備ができなくて「まだか?」と訊くので、
お運びの女の子が板挟みになって焦るなんてことがありました。

それはどうも、懐石料理の炊き合わせが、美しい見た目に凝り過ぎていたり、
上品な薄味だったりする場合がある所為かもしれません。

それに、炊き合わせ(煮物)が出るころには、お腹も酔いも良い加減で、
召し上がるペースが落ちるということもあります。

わたしたちの店の板前は8年前に亡くなりましたが、伝説的に腕のよい板前でした。
彼が作る椀の物八寸(酢の物)や炊き合わせは絶品でした。


ところで、
煮物というものは、どなたにとっても想い出があるんじゃありませんか?

わたしにとっては、母が作ってくれたイカの煮物です。
こどもの頃、里芋や大根などとイカを煮つけた一品は大好物でありました。

ということで、
きょうは、どうしてもイカの煮物が食べたくなったのでイカを買いに行くと、
目玉が飛び出すほど高価になっていました。

スルメイカを一杯だけ買いましたが、いくらだったのかを記すのも躊躇われます。
近年歴史的な不漁がつづいているらしいのですが、値段を見れば頷けます。

このイカと里芋の煮物、懐石料理の炊き合わせよりよっぽど高価かもしれませんね。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3874-a4914080
    この記事へのトラックバック


    最新記事