FC2ブログ

イージス・アショア

2019年06月10日 23:59

イージスアショア

イージス・アショア(Aegis Ashore)」が話題です。

イージス・アショアというのは、アメリカ製の地上配備型ミサイル迎撃システムのことです。

日本の、新「防衛計画の大綱」「中期防衛力整備計画」に明記され導入に向かっています。

配備候補地は秋田市の新屋演習場、山口県萩市のむつみ演習場の2箇所ですが
防衛省は、導入費用について総額6千億円以上となると試算しているのだそうです。
今後段階的に関連予算を計上して4年後・2023年度の運用開始を目指しているようです。

しかし、配備候補地の周辺住民たちは、
「電磁波による健康被害の不安」、「周辺地域が敵の標的となる危険性」、
「市街地に隣接していること」などを理由に反対を訴えていました。

そこで防衛省は、
秋田の地元の要望を受けて他に候補地がないか代替地を調査したところ、
青森、秋田、山形3県の国有地19箇所を調べ、そのうち9地点について、
“周囲の山がレーダーの障害になる”という理由で不適当と結論づけ、
5月に秋田県と秋田市に調査結果を伝えたのだそうです。

ところが、
国有地から周囲の山を見上げた際の「仰角」が実際より過大に記載されていたことが発覚し、
地元の反発を招いたので、急遽住民説明会を開いてミスがあったことを認め謝罪したのですが、
その席上、居眠りしていた防衛相職員が見咎められ、更に住民を怒らせてしまいました。


こうして大山鳴動して配備しようとしているイージス・アショアなのでありますが、
何故秋田市の新屋演習場と山口県萩市のむつみ演習場に配備しようとしているのかと言えば、
仮に北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたとすると、それを迎撃するためには、
その軌道上の真正面から迎撃するのが効率的です。

左右に飛ぶ物に横から当てるより、飛んでくる軌道の下から迎え撃つ方が当てやすいからです。
とすると、北朝鮮から秋田市の新屋演習場と山口県萩市のむつみ演習場を越えた延長線上は、
一体何処かと言えば、ハワイとグアムなのであります。

つまり、
表向きは日本全体を守る防空システムだと言っているのですが、実はアメリカ合衆国を守る、
アメリカ合衆国から日本の防衛費を使って買って、アメリカ合衆国を守るシステムだっちゅうことです。

イージス・アショアがどれだけ命中精度が高いのか判りませんが、上に書いたのは“的を射た”話です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3873-c2f22246
    この記事へのトラックバック


    最新記事