FC2ブログ

夜盗虫最後の父逝く

2019年06月05日 23:59

全寮制の農業高校時代、
生徒指導の小林先生から「夜盗虫」と命名された七人のことは、
以前から何度か書いています。

夜盗虫(ヨトウムシ)は夜盗蛾の幼虫のことで、
昼間は地中で眠っていて夜になると地表に現れ作物の葉を食べてしまう。
その音は、暗闇の中うるさいくらいなのです。

その生態がわたしたち七人と同じだというので、
小林先生が夜盗虫と呼んで以来、我々七人で「夜盗虫」と名乗っているのですが、
その家族たちも、我々のことを「夜盗虫」と呼んできました。

夜盗虫も齢六十を越えたので、その両親たちもそれなりの年齢なのですが、
夜盗虫の最後の父親が亡くなりました。

これで、
七人の夜盗虫のうち、父親は全員亡くなりました。
母親は、うちを含めて二人亡くなりました。
そして、夜盗虫一人と小林先生も亡くなっています。

きょうは、
父親のなかで一番長生きしたTの親父さんの告別式。

親父さん、お世話になりました。
ありがとうございました。合掌



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3868-c7b793f7
    この記事へのトラックバック


    最新記事