FC2ブログ

天気予報

2019年05月27日 16:35

19052712.png

きょうの日本列島も引き続き高気圧に広く覆われて各地で気温が上昇したようです。
13時の時点で、千葉県市原市で35.7度、北海道帯広市と福島県石川町で35.5度、
群馬県桐生市で35.2度を観測し、猛暑日になりました。

東京都心部でも31.7度を記録し、5月の観測史上初めて4日連続の真夏日となりました。

おまけに、
きょうは全国的にPM2.5の値が高く東京の板橋本町では105μg/立方メートルを観測。

環境省の基準値は35μg/立方メートルで、70μg/立方メートル以上を観測した場合、
「不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らすことが望まれる」
となっています。


これが、きょうの天気概況だったワケですが、
わたしが指摘したいのは、昨日も全国的な真夏日・猛暑日で死者が2人も出ているのに、
お昼のテレビの情報番組における天気予報のお気楽な感じはなんとかならんもんでしょうか?

天気予報という情報は、人によれば「いやー暑いですねぇ!」と笑いながら言うような内容でなく、
漁民や農民にとっては死活問題かもしれませんし、熱中症に罹った人にとっては文字通り、
生死の問題なのです。

それを、
余計な冗談で口を挟みながら、動きのワルい器械を使いながら延々と要領のワルい説明をする、
あの演出を見ているとチャンネルを回したくなります。

蛇足ですが、
中継先のレポーターが情報を伝えている最中に口を挟んだり、レポーターをからかうキャスターも
なんとかなりませんか?

不快指数が上がります。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3859-53b3e8ca
    この記事へのトラックバック


    最新記事