FC2ブログ

労い

2019年01月27日 23:59

朝霞市斎場玄関

昨日書いたように、ご葬儀の受付と会計を託されました。


さて、
埼玉県A市の斎場もそうでしたが、火葬を行った埼玉県T市の葬祭場も、
朝から混雑していて、次から次へと火葬される人が運び込まれていました。

乾燥と寒波、この時季だからなのか、それは判りませんが、
ご遺影はお年寄りのお顔ばかりです。

勝手に推し量れば、
戦前や戦中や戦争直後に此の世に生まれ、いつ死ぬとも判らぬ戦中を生き抜き、
更に困難だった戦後の時代を生き延びたであろう人々のお顔ばかりであります。

当たり前のことでありますが、
お一人おひとりに、誕生があり、成長があり、お仕事があったのでありましょう。

それを思えば、次から次へと火葬されゆく人々に対してでありますが、
小さな声で「おつかれさまでございました」と呼びかけておりました。

合掌


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3738-5d941315
    この記事へのトラックバック


    最新記事