FC2ブログ

「しとやかな獣」

2019年01月25日 23:59

「しとやかな獣」

東京芸術劇場で公演中の「しとやかな獣」という舞台を観てきました。

しとやかな獣」は、
元々、1962年(昭和37年)に公開された大映映画ですが、
監督は川島雄三、脚本は新藤兼人、出演は若尾文子
船越英二浜田ゆう子高松英郎川畑愛光伊藤雄之助
山岡久乃小沢昭一山茶花究ミヤコ蝶々といった面々。

否が応でも映画と比べてしまいます。

以前、映画では伊藤雄之助さんが演じた父親役を、
先輩が演じた舞台を観に行ったことがありますが、
今回は映画で山岡久乃さんが演じた母親役を、
友人の寺田有紀美ちゃんが演じているので観たのでした。

昭和37年といえば、わたしの弟が産まれた年ですが、
所得倍増計画の元、新卒者の就職率が最高値を記録し、
日本は戦後を抜け、右肩上がりの経済成長が著しい頃です。

戦争を生き残った人々が、
新たなサバイバルを始めていた時代なのかもしれません。

あの時代の、
一癖も二癖もある俗物たちの生きざまは、もしかしたら、
現代を生きる我々には一番足りない要素かもしれません。
“しとやかさ”より“したたかさ”のほうが重要です。

ところで、
要介護5の母上と、自宅で長年暮らす有紀美ちゃんも、
芝居をやったり、日本舞踊を習ったり、消防団に入ったり、
介護したり、そのことを書いて本を出したり。
どっこい生きてる逞しい女性です。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3736-3c291de6
    この記事へのトラックバック


    最新記事