FC2ブログ

桶屋が儲ける

2018年10月27日 18:05

ゴア

10月も終わろうというきょう、北海道では局地的に強い雨が降って、
大雨洪水警報が出た札幌市の一部の地域に避難準備情報が出されました。

一方、中心気圧905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速60メートル、
最大瞬間風速85メートルという猛烈な台風26号が午前9時現在、
毎時25kmでフィリピンに向かっています。


さて、
風が吹くと土埃が立つ、それが目に入って盲人が増える、
盲人は食い扶持に三味線を買う、すると三味線の皮に使う猫の皮が必要になる、
そこで猫が殺されるていなくなるので、ネズミが増える、ネズミが桶をかじってしまう、
だから桶の需要が増えて桶屋が儲かる。

風が吹いたら桶屋が儲かる」ということわざです。

きょうは、
ドキュメンタリー映画「不都合な真実2 -放置された地球-」を観ました。

これは、ドキュメンタリー映画「不都合な真実」(2006年)の続編で、
気候変動問題に取り組むアル・ゴア元米国副大統領の活動を追って、
2016年のパリ協定調印までの道のりに焦点が当てられています。

映画は2016年4月のパリ協定調印で終わりますが、
トランプ大統領は「地球温暖化は丁稚上げだ」だと批判して、
2017年6月に協定からの離脱を表明しました。

もはや、
わたしたち一人ひとりが桶屋で、桶屋が風を吹かしているような状況です。
“桶屋が儲かる”のではなく、“桶屋が儲ける”のです。
しかし、そんな桶屋が住む地球は長くありません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3646-27790735
    この記事へのトラックバック


    最新記事