FC2ブログ

仕組み

2018年09月28日 19:06

車で被災地に救援物資を運んだり、行って活動したりする場合、
高速道路料金が免除される制度があります。

その場合、
事前に当該被災地のボランティアセンターに対して、
氏名・住所などの連絡先・活動期間・活動する内容などを申請します。

すると、ボランティア活動を受け容れますというファックスが届きます。

それを持って、住んでいる自治体の「防災危機管理課」などの窓口で、
このように活動するから、期間内に通行する高速道路の会社宛に渡す、
災害派遣等従事車両証明書」を申請したいと伝えます。

自治体窓口は、そのボランティアの住んでいる地域の高速道路から、
被災地までの高速道路を調べて、必要な枚数を作成してくれます。

ボランティアは、
首長名で発行された証明書を受け取って被災地に向かうワケです。


さて、ところがです。

わたしは、
豊島区内のインターチェンジから首都高速に乗って東名高速道路経由で
被災地の広島県呉市天応地域に向かいました。

発行していただいた証明書は往きも復りも2枚ずつ。
首都高速の入口と、広島から呉に向かう高速道路の出口で渡す証明書だけ。
帰りの分も同じです。

ところが、途中様々な高速道路を通過することになります。
帰りとて同じですが、途中の料金所でも証明書が必要だと謂われました。

ワケを話して、帰京してから改めて区役所で証明書を発行していただいて、
郵送することで納得していただきました。


さて、ここで問題提起です。

この、被災地支援のための高速道路料金無料の制度ですが、
通常の高速道路の状況だって工事やら渋滞やら変わりますが、
被災地の道路状況は刻一刻と変化しています。

どのルートが通れるか通れないか、
事前に調べて証明書を揃えることは難しいのです。

ボランティアの住んでいる地域の高速道路の入口も、
被災地で下りる高速道路の出口も限定せず、
移動する間どこを通っても可能な許可書を作って渡してくださるというのは、
如何でしょうか?

料金所で後列車が待ってくれるなか、
窓口の係員が書類をチェックしてくれるのも時間が気になりますし、
係員さんだって気が気じゃないでしょう。

ボランティアにとってはモチロンですが、自治体の担当者にとっても、
高速道路の料金所の係員にとっても、もっと簡単な仕組みはあると思います。

ステッカーを貼るでも、フロントに証明書を提示するでもいいと思うのですが、
もっと簡単に料金所を通過することができるアイデアはないものでしょうかねェ?
NEXCOさん!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3618-9e207411
    この記事へのトラックバック


    最新記事