FC2ブログ

金魚の弔い

2018年09月16日 13:10

朝起きて、
洗面をして、神棚と仏壇に手を合わせ、水槽の金魚にエサをやり、
洗濯機を回し、サプリメントを飲み、珈琲を淹れ、いつものテレビを観る。

わたしの、毎日のルーティンワークです。

しかし、
今朝は、水槽の金魚にエサをやろうと思ったところで違ってしまいました。

丹頂という金魚が亡くなっていたのです。

数日前に、
少し元気がないように見えたので、薬を投入して様子を看ていたのですが、
この2・3日は元気を取り戻したようでした。

先日、いつも通り水槽の水もフィルターも取り替えたばかりでした。

・・・。

丹頂
<写真:2016年5月>

3年前の2015年10月、
御会式のときに、鬼子母神境内の露店で買った金魚でした。

和金5匹と丹頂が1匹。

和金が成長して水槽が窮屈になると、和金2匹は庭の池に放し、
アクアリウムで和金3匹と丹頂を飼っていました。

丹頂は、性格がおとなしい金魚でした。
和金と争うこともなく、仲良く共存していました。

金魚は、
和金でも丹頂でも環境を整えて飼育すれば10年以上生きます。

多分買った時点で、
その年の春に生まれた当歳の金魚だったでしょうから、ことし3歳。
平均寿命は3~4年といいますが、早すぎます。

きょう、
“平成の歌姫”と呼ばれるアーティストの一人が引退するのだそうですが、
何事も終わる日はくるものです。

金魚の弔い

弔って、庭に埋葬しました。

和金3匹

庭の池に放した和金2匹との別離もありましたが、
初めての仲間との死別に、遺された3匹はなにを想うのでしょうか?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3606-c99f12bf
    この記事へのトラックバック


    最新記事