FC2ブログ

アイスクリーム

2018年07月30日 12:19

「この世界の片隅に」

ゆうべ、
TBSテレビ日曜劇場「この世界の片隅に」を観ました。

戦争が始まった時代から、戦争の時代を経て、戦後が始まるまでを、
主人公“すず”の生活を中心に呉を舞台に描いたこうの史代さんの漫画が原作のテレビドラマです。


主人公の北條すずは、アイスクリームを知りませんでした。
ですから、「アイスクリームの絵を描いて」と言われても描けません。

そんなすずを町のレストランに誘った夫の周作は、アイスクリームを注文してすずに食べさせます。

生まれて初めてアイスクリームを目にしたすず。
生まれて初めてアイスクリームを口にするすず。

ただそれだけの描写に涙が止まらなくなりました。
こうして、それを書いているだけでも涙が溢れてしまいます。

小生、涙もろくなりました。


去年亡くなった実家の父は、
「どこの家庭のコタツの上にも、当たり前のようにみかんがある風景」
それをイメージしながらみかん作りの農民になった人でした。

それは、米はおろか芋さえ貴重だった戦後が始まった時代に、父が抱いた夢の風景でした。


いまの時代は、アイスクリームもみかんもふんだんに有ります。

しかし、“あの時代”の人たちの中には、
もしかしたらアイスクリーム知らずに死んだ人がいたかもしれません。

あの時代を過ごした父や母にとっても、アイスクリームは“夢の味”だったことでしょう。

そういえば、
去年亡くなったむぅむぅ(義父)もアイスクリームが大好物でした。

それも、
いつも自分で買ってきていたのは、高級ではない大衆的なコンビニエンスストアーのアイスクリーム。
それもデカいやつ、しかもアイスクリームじゃなくてラクトアイス

きょうは、それを仏壇に供えました。

アイスクリーム


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3557-5bdc0657
    この記事へのトラックバック


    最新記事