FC2ブログ

きょうが命日

2018年07月19日 21:32

祖父母

きょう7月19日は、わたしの父方の祖母の命日です。
祖母は、1989年(平成元年)に86歳で亡くなりました。


徳島は、お四国八十八箇所霊場の巡礼の地です。

徳島に在る本家は、
毎日、門口に何人ものお遍路さんが托鉢に来られていました。
その度に祖母は、僅かな米や小銭を鉢の中に入れるのでした。
毎日、何十人ものお遍路さんが次々に托鉢に来られても、
祖母は丁寧に托鉢に応じるのでした。

徳島では、それを「お接待(おせったい)」と謂います。

お遍路さんをおせったいすることは、
お大師様をおせったいすることと同じなのです。

祖母は、お遍路さんたちを家にお泊めしていたそうです。
食事を供して夜具を敷いて世話をしていたのだそうです。

おせったいは、究極のボランティア精神でしょう。
そんな祖母の影響が、孫娘たちに伝わってしまいました。


ところできょうは、山岡鉄舟の命日でもあります。

山岡鉄舟は、
1888年(明治21年)7月19日に満52歳を目前に亡くなりました。

山岡鉄舟のことは、これまでもこのブログで、
山岡鉄舟西郷隆盛への直談判が江戸無血開城につながった話。
その会談場所が醤油醸造元の松崎屋源兵衛宅であった話。
そこへ鉄舟を極秘裏に案内したのが、清水次郎長と子分たちだった話。
松崎屋源兵衛夫妻が、わたしの母方の層祖父母を結び付けた話。
鉄舟提案の徳川の元幕臣たちによる牧之原開拓がお茶の産地を創った話。
鉄舟が、清水に在る鉄舟寺(久能寺)を再興した話。
鉄舟寺を再興するにあたり、清水次郎長が勧進に回ったという話。
清水次郎長が曽祖父母の家に鉄舟寺の勧進のために軍鶏を持参して来た話。
雑司が谷の鬼子母神堂境内に、彰義隊士たちを思って書いた鉄舟揮ごうの碑が在る話。
鉄舟が木村家のアンパン明治天皇に献上した話。
その木村家のロゴマークは鉄舟の筆によるという話。
明治天皇が山岡鉄舟に相撲を挑んだ話など、いろいろ書いてきました。

わたしの母方の祖父は、1888年1月1日生まれですから、
約半年は、山岡鉄舟と同じ時代を生きたことになります。

こうして鉄舟のエピソードに触れるとき、
いまの国のリーダーや政治家たちのを諌めてくれる鉄舟のような人がいないものかと思います。

いなければ、わたしたち国民が諌めるしかありませんけど・・・。


晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は 変わらざりけり  鉄舟

富士の山
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3546-9292be7c
    この記事へのトラックバック


    最新記事