FC2ブログ

後を引き受ける強さと覚悟

2018年07月17日 23:59

倉本聰さんのドラマ「前略おふくろ様2」(一九七六年)の中に、岡野のおじさん(大滝秀治)がサブ(萩原健一)に、夫婦の死別について語る場面がある▼このおじさん、少し前に奥さんに先立たれているのだが、「女房が先に死んでオレが残るのは何としてもたまらない。絶対にいやだと思っていた」そうだ▼ところが、ある時、思想が変わった。「オレが先に死んではいけない。女房一人残してはいけない。先に死なせてやらねば、オレがずっと見守り、オレが手を握り、後に残る苦しさをオレが引き受け…」。大滝さんのせりふを思い出しシンミリする▼最近の調査によると岡野のおじさんの「自分が後に」は圧倒的に少数派らしい。公益財団法人「日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団」が「死の時期を決
められるとしたら、配偶者と、どちらが先に死にたいか」を尋ねたところ、「自分が先に」は62・7%で、「自分が後に」の37・3%を大きく上回ったそうだ▼上位に入った「先に」の理由は、「悲しみに耐えられない」「死ぬ時にパートナーにいてほしいから」「生活できない」…。分かるという人は多いだろう▼興味深いのは男女差。男性の約八割が「先に」と考えるのに対し、女性の方は五割程度だった。男性より長い平均寿命もあるだろうが、女性の方が、後を引き受ける強さと覚悟をお持ちなのかもしれない。<2018年7月17日東京新聞朝刊「筆洗」より>



昨日、友人が出演している日穏公演「月の海」を観て、
去年、話題になったドラマ「やすらぎの郷」のセリフを思い出し、
このブログとフェイスブックに拙文を載せました。

「やすらぎの郷」もまた、倉本聰さんが書かれたドラマです。

すると、フェイスブックの投稿を読んでくださった知人から、
東京新聞の「筆洗」にも同様のことが載っていると教えていただきました。

上記がその「筆洗」の記事ですが、転載させていただきました。

それにしても、
1976年に書かれたセリフだということは、42年前ですから倉本聰さんは41歳です。
41歳のときに、こういうセリフを書いていらっしゃったことに驚きます。


ところで。

わたしもかみさんも、
両親を亡くしたので、残る問題はどちらが先に逝くのかということです。
つまりは、どちらが相手を看取るのかということでもあります。

それはまた、
相手を看取って後を引き受けた方が、どう死ぬのかという問題につづきます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3543-8dbf59d0
    この記事へのトラックバック


    最新記事