ジンチョウゲ

2018年03月13日 17:59

沈丁花

沈丁花が咲いています。

杉の花粉は、厄介ですが、
沈丁花の花の香りは、嬉しいものです。


梅の花、みかんの花、
羽衣ジャスミン、くちなしの花、金木犀等々、
季節によって香りを楽しむ花々が咲きますが、
わたしにとっては、沈丁花もそのひとつです。

ところで、
沈丁花というと、思い出すことがあります。

もう数十年前のことなのでありますが、
或る友人と話をしていて、わたしが沈丁花を、
「ちんちょうげ」と呼んだら笑われたのです。

沈丁花は、
正式には「じんちょうげ」と読むのだそうです。

沈丁花という名の由来が、
「沈香(じんこう」のような芳香を発する花という、
そういった理由があるようですから、
「じんちょうげ」が正式なのでしょう。

しかし、
確か、わたしの両親も含め、わたしの周りでは、
沈丁花を「ちんちょうげ」と呼んでいました。

わたしの父は、
「沈香も焚かず、屁もひらず」ということわざを、
「ちんこもたかず、へもひらず」と誤って言っていました。

でも、「沈」という字は、
一般的には「じん」ではなく「ちん」と読みますよね。

もし「ZIN」と読むにしても「じん」ではなく「ぢん」なんじゃないか?
そんな一人問答をしたことを思い出すのです。

今調べてみると、
「ちんちょうげ」でも間違いではないということになっています。

ですから、
今でしたら、笑われることはなかったのではないでしょうか?

イヤ!
彼女は、わたしの無知を笑ったというよりは、
「ちんちょうげ」と呼んだ音だったのかもしれませんケドね。 

そんなことを、思い出しています。・・・暇ですよね。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3415-7ebba012
    この記事へのトラックバック


    最新記事