寝姿勢

2018年02月04日 14:29

寝姿勢

以前にも記したことですが、わたしは、“食道裂孔ヘルニア”です。

食道烈孔ヘルニアというのは、
本来締まっているべき食道と胃の境目の“噴門”が、開きっぱなし状態のコトです。

したがって、胃酸や食物が胃から食道に逆流し易くなっており、
胃と違って胃酸による刺激に弱い食道が炎症を起こし易くなっているワケです。
所謂、“逆流性食道炎”というやつです。

この食道裂孔ヘルニアという症状がなぜ起きるのか、原因は判っていません。
また食道裂孔ヘルニアの治療方法もありません。
いまは、自分の体質として受け容れて気をつけてつき合うしかないのです。

胃から食道へ逆流すると“胸やけ”が起こりますし、常習化すれば食道炎を起こし、
食道炎が慢性化すると“食道ガン”を発症するリスクが高まると謂われています。

ところで、
胃から食道へ逆流してしまうのには理由があります。

食べてからスグに横になるとか、腹いっぱい食べるとか、
脂肪分の多い食事を摂ると逆流し易くなると謂われています。

横になるとしても、食べたり飲んだりした直後なら胃の位置から云って右側を下に、
食べて30分以上経っているのなら左側を下にすると逆流し難いと謂われています。


ところで、
わたしのかみさんも“食道裂孔ヘルニア”なんです。

わたしたち夫婦は、
ベットを並べて寝ていますが、二人して左側を下にして寝ています。
そんなワケで、夫婦が向き合って寝ることがありません・・・。 



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3374-4ccf850c
    この記事へのトラックバック


    最新記事