祖父母の写真

2017年09月18日 23:59

祖父母

わたしは、実家に帰ると床の間の在る座敷で寝ています。

床の間には、叔母が描いた掛け軸がかかっています。
叔母は、父の妹です。

横のちがい棚には、父方の祖父母の写真が置いてありました。

手札ほどの同じ写真が仏壇にありますが、
父がそれを引き伸ばし額に入れたのだろうと思われます。


その額の写真をデジカメで撮って、病床の父に見せました。

「ようけ働いたなぁ・・・」
写真を見るなり、父がそう呟きました。

「ようけ働いた」
両親の写真を見て、まず思ったことなのでしょう。
父が「よく働いた」と思うのですから、余程働いたのだと思います。

祖父は、曾祖父と共に、山を開墾してみかん園を造った人です。

里から歩いて1時間以上はかかる急勾配の山を登った場所に、
山の岩から40センチ角の石を切り出して、それを運んで積み上げ、
石垣にし、段々畑を造り、1ヘクタール程にみかんの樹を植えました。
重機の無い時代、人の力だけで造ったみかん園でした。

それは、
曾祖父と祖父、親子二代の事業でした。
米や野菜を作り、炭焼きをして家計を賄いながら、開墾したのです。
大正から昭和にかけて、それは山里の農民にとって夢の事業でした。

曾祖父と祖父のみかん園は、やがてみかんの実を生らせました。
当時、みかんは貴重な果物でしたから、高く売れたのだそうです。
それを見た村人たちが次々に真似をして、みかん生産地が出来ました。

祖父は、朝早く大きな荷物を背負って山の畑に出掛けてゆきます。
一日仕事をして戻るときに空荷だったことはなかったといいます。
薪をいっぱい背負って山から下りてきたといいます。

祖父の背中はいつも凝っていて、
父が子供の頃、よく祖父に背中に乗ってくれと頼まれたのだそうです。

戦後、開拓農民となった父のみかん園の事業は大成功を収めました。

その父にとって、
祖父や曾祖父の仕事は、生涯をかけて超えようとした目標だったのでしょう。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3240-472fbdc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事