「最後のストライク」

2017年09月14日 23:59

「最後のストライク」

広島カープ、きょう自力でマジック 1!


さて、
父の病床の傍らで、「最後のストライク」を読みました。

最後のストライク」は、
“炎のストッパー”と形容され、“弱気は最大の敵”という座右の銘でも有名な、
広島カープのピッチャー、故・津田恒美(恒実)選手の奥さまが書かれた本です。


うちのかみさんは、
自他ともに認める、津田恒美選手のファンでした。

むすこたちも、その影響を受けて育ちました。

先日、歌舞伎俳優である長男が、
光栄にも広島市民球場で国歌斉唱と始球式をやらせていただいた折り、
試合後に津田夫人である津田晃代さんをお見掛けしたのだそうです。

球団の方に、
「あそこにいらっしゃる方は、津田投手の奥さまじゃありませんか?」と訊くと、
「よく判りませんから、お声をかけてみられたらいかがですか?」と促され、
そのとき着ていた津田投手のTシャツを見せながら声をかけたのでした。

すると、
やはりその方は、津田投手の奥さま津田晃代さんだったのです。

広島市民球場で、
国歌斉唱、始球式、逆転サヨナラホームラン、
そして、憧れの津田恒美投手の奥さまにも遇えて、
むすこにとっても、かみさんにとっても、奇跡のような一日でした。


最後のストライク」を読み終えて、
病床の父の顔を見ますと、穏やかな顔をして眠っていました。

その88歳の姿は、
24年前、2年3カ月の壮絶な闘病の末に32歳という若さで亡くなった、
津田恒美投手とは比べくもない、落ち着きと静けさをもっています。

後悔のない、納得した人生なのでしょう。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3236-7eb67f9e
    この記事へのトラックバック


    最新記事