刹那

2017年09月04日 17:51

人の一生など、
地球からすれば一瞬ですらないのかもしれません。

仏道では、
時の最小単位を“刹那(せつな)”といいます。

人の一生とは、
その刹那が連続している状態とも言えるでしょうし、
それは地球46億年の時間にしても、同じでしょう。

この世(地球)では、
刹那が連続し、常に変化しつづけているワケです。

つまり、
無常ということです。

人の一生は、
人にとっては、生まれてから起こった様々な出来事を指し、
地球にとっては、一刹那であります。


しかし、
喜びも悲しみも、その一刹那に凝縮されても、確かに有りました。
たとえ短い時間であったとしても、人の喜怒哀楽の時はありました。
それが、人の一生というものでしょう。


きょうは、
これからご親族だけで、通夜が行われます。

明日は、
10時30分から、葬儀・告別式が行われる予定です。

青井陽治さん、おつかれさまでした。(合掌)




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3226-989bbf0e
    この記事へのトラックバック


    最新記事