Tクンの七回忌

2017年09月03日 13:00

七回忌

今朝早く起きて、青梅まで行ってきました。

きょうは、
6年前に、告知後僅か2か月半で亡くなったTクンの命日で、
ことしは七回忌にあたります。


ところで、
昨日、浜松へ日帰りで父の見舞いに行って帰った途端に、
青井陽治さん(演出家・翻訳家)の訃報を受け取りました。

わたしたち夫婦は、むかしから親しくしていただきましたし、
わたしが制作担当した演劇制作体地人会公演の、
ジョセフィン 虹を夢みて」という戯曲を書いていただきました。

まだお若かったですし、ご病気だと知らなかったのでショックです。
そのご病気ですが、すい臓ガンだったのだそうです。

実は、
Tクンも、告知されたのは末期のすい臓ガンでした。

すい臓は、
体内の奥深くにあり、ガンの初期症状に乏しく、発見が困難だと謂われます。
ガンの症状が現れた時点では既に進行してしまっている場合が多いようです。


Tクンが亡くなったのは、大震災と原発事故が起こったあの年でした。
人々が、世の無常を切に感じた年でもありました。

あれから6年。
Tクンの時は止まってしまいましたが、生きているといろいろあります。
しかし、これが人生というものでしょう。

きょうは、後ろ向きなのではなくて、“振り返って”みました。

そして、見上げればイワシ雲。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3225-7e3c2fc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事