光生軒との別れ

2017年08月31日 10:45

光生軒の別れ

「あんた、もういいわよ。恥ずかしいからさぁ・・・。
いつまでも引きずってないで、終わりにしなさいな」

そんなおばさんの声が聴こえてきたので、
きょうのブログで、一旦“光生軒の話題”から離れることにします。

そこで、
きょうは、これまでの経緯を記しておくことにしました。


8月2日、
光生軒のおばさんから、電話をもらいました。

食が細くなっていると聞いたので甘酒を贈ったことへの礼と、
むぅむぅ(義父)の事が一段落したら相談に乗る約束をしていたからです。

その電話で、数日前に高熱を出して体調を崩したことを初めて聴きました。
だから、約束を先延ばしにしてほしいと云うのでした。

8月4日夜、
おばさんが緊急入院したと、連絡が入りました。

おばさんから病院に連れて行ってと頼まれた人からでした。
「入院したことを日下(私の旧姓)クンに知らせて」と頼まれたのだそうです。

8月5日、
大学病院の高度治療病棟(HCU)におばさんを見舞いました。
案の定、「わざわざ来てくれなくてもよかったのに」と言いました。

主治医と担当医と親族とわたしで、カンファレンスを行いました。
おばさんの兄上や甥御さんなどが参加しました。

リウマチによる間質性肺炎の疑いが濃厚だという説明を受けました。
延命治療を行う必要が生じたときに、どのような判断をするか相談しました。


入院中も、
血中酸素濃度が落ちるから喋らないでと云っても、よく喋りました。
「じゃあ聴くだけにするから、あんた喋ってよ」と云って、話を聴いてくれました。
むぅむぅ(義父)の介護・看護の話。葬儀の話。納骨の話。
浜松の実家へ里帰りした話。浜松の父の話。わたしの家族の話。


8月17日朝6時50分、
病院の担当医から連絡をもらいました。
病院で担当医から説明を受けました。

8月18日14時、
主治医からの緩和ケアの提案を、ご親族が受け容れました。
緩和ケアが始まり、夜になってもまだわたしの声かけに応えてくれました。

8月21日未明、
1時12分、呼吸停止。1時18分、心停止。死亡診断、1時45分。

2時30分、主治医が治療の経緯を丁寧に説明してくれました。

5時、
主治医、研修医、看護師たちに見送られ、病院を後にしました。

おばさんの最期に立ち会ってくださった
看護師のSさんは、桐朋学園の中学・高校を卒業した方でした。


8月24日19時から、
ご親族と限られた者たちで、仙川町に在る斎場で通夜。

8月25日12時から、
葬送の儀、そして出棺。おばさんを乗せた車は、
光生軒と桐朋学園の前を通って火葬場に向かったのでした。


あしたから9月です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3222-a15f5ffc
    この記事へのトラックバック


    最新記事