齋藤秀雄先生とワンタン

2017年08月30日 13:00

光生軒のワンタン

わたしが学生だった頃には、
既に光生軒のお品書きにワンタンはありませんでした。

「ラーメン350円」の横に記されていた
「ワンタン350円」という字は、白く消されていたのでした。

“その話”をおばさんから聴いたのは、ことしの5月のことでした。
40年間というつきあいのなかで、初めて聴いた話でした。

詳しくは↓
【1977年から2017年5月までの40年間のつきあいで初めて聴いた話】




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3220-821e179a
    この記事へのトラックバック


    最新記事