サルスベリ

2017年08月22日 23:59

さるすべり

サルスベリが咲いていました。

遠目から見て、
キョウチクトウ(夾竹桃)と間違えました。

サルスベリとキョウチクトウの違いは、
サルスベリは、その名の由来のとおり、
幹がすべすべ、ツルツルしています。

共に夏を代表するような花です。

サルスベリは、
長期間花が咲いていることから「百日紅」とも書きます。

キョウチクトウは、
美しい花を咲かせますが、毒をもつ木です。

考えてみれば、
病院の庭に相応しいのは、サルスベリでしょうね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3212-cad1f72d
    この記事へのトラックバック


    最新記事