シビリアン・コントロール

2017年07月30日 20:49

わたしは、間違いのないことだと思っているのですが、
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた
陸上自衛隊の部隊が作成した日報は“保存”されていたはずです。

もし、破棄されたとしたら、それこそ“大問題”ではないでしょうか?

そもそも、一昨年2015年9月17日、
従来の政府は「集団的自衛権の行使」は憲法に反すると解釈していた
内閣法制局の見解があったのに、その内閣法制局長官を交代させて、
野党が「憲法違反の戦争法」と呼ぶ「「集団的自衛権」を認めてしまい、
駆けつけ警護」を含む「安全保障関連法案」を強行採決したのでした。

強行採決

その任務を命令された自衛隊が、日報を破棄すると思いますか?

自衛隊の平和維持活動という性格上、
現地隊員の安全を守るために一部“非公開”にする場合があることは、
理解できます。しかし、棄てちゃうワケないでしょ?


今回辞任した防衛大臣は、この法案が強行採決されたときには、
まだ防衛大臣ではありませんでした。

しかし、政務調査会長という党の重職に就いていた人物であります。

「日報は破棄した」という報告を受けたときに、
何故「そんなワケはない」と思わなかったのでしょう。
いや、そう思ったに違いないと、わたしは思います。

自衛隊の陸上幕僚長は、
日報の存在を非公表とした方針の決定に関与した責任をとって辞任しました。

この人物は、
日航機123便墜落事故のときに部隊を指揮したことで有名だそうで、
人望も厚く「武人」とか「武士(もののふ)」と形容する人もいるようですが、
今回行ったことは、自主的か命令により受動的に行ったかは別として、
“隠蔽に加担した”ワケですから、辞任するのは当然でしょう。

シビリアン・コントロールという観点からみれば、
自主的に隠蔽したのならコントロールが利いていないことになり、
命令されて隠蔽したのなら利いていたことになるワケですが、
いずれの場合も“国民のため”に行動したというよりは、
“国民からの批判を避けるため”と、政府の立場を“忖度した”からでしょう。

しかし、
一番やってられないのは、“戦闘状態”の中にいた現地の自衛官たちです。

戦闘状態の危険な中に身を置いて任務を遂行しようとしていたのに、
“無かった事”にされちゃったのですから。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3189-e560920c
    この記事へのトラックバック


    最新記事