レッドカード

2017年07月19日 18:32

そもそも、
去年7月8日に起こった大統領派軍と副大統領派軍との間の銃撃戦、
最初の“戦闘”で100人が死傷し、南スーダンは再び内戦状態へ逆戻りしました。

国際協力機構(JICA)の関係者ら在留邦人47人も退避し、
日本大使館員のうち4名も自衛隊機で近隣国のジブチへと避難しました。

南スーダンに踏み止まった大使を含む日本大使館員も、
ジュバの大使館では身の安全を図れないと判断して陸上自衛隊の宿営地へ駆け込み、
“戦闘状態”が終息するまで同宿営地で宿泊を続けたのだそうです。

この時、国連の平和維持活動に参加していた中国人隊員2名が殺害されました。
また、5名が重軽傷を負いました。

まずこの事態を記録した、
南スーダンPKO(国連平和維持活動)活動の日報についての情報公開請求を受け、
「陸上自衛隊のなかにはなく、破棄していた」と返答していたのですが、
今年1月ごろまで陸上自衛隊の中でも日報が保管されていたことが分かりました。

その日誌に、7月8日のことが“戦闘”と記録されていた点を指摘された防衛大臣は、
「一般的な辞書的な意味で戦闘という言葉を使ったと推測している。
法的な意味の戦闘行為ではない。武力衝突だ」との見解を示したのでした。

更に、陸上自衛隊の中で日誌が保管されていた事実を非公表とする方針を、
大臣は、ことし2月の防衛省最高幹部による緊急会議で防衛省幹部から伝えられ、
そのことを了承していたことが明らかになりました。

防衛省・自衛隊の組織的隠蔽を、防衛大臣が容認していたとすれば、
大問題中の大問題でしょ!?

戦闘を武力衝突と言い換え、有ったものを、無くしたことにし、その事実を隠蔽し、
ウソまでついたのです。

なぜか?

戦争しちゃいけないからですよ。
行かせてはいけない所に自衛隊員を送り込んだからです。

戦場にいた自衛隊員はたまったものではありませんよね。
そのご家族やご友人のご心配なお気持ちを考えるだけで、
防衛大臣や、その人を任命した首相に対する怒りがわいてきます。

これ、レッドカードですよね。
でも、これで何枚目のレッドカードですか?



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3179-7179d7d1
    この記事へのトラックバック


    最新記事