寿司政

2017年06月11日 18:15

煮貝

文久元年創業とかで、
約150年の歳月が流れ、当代で五代目だそうです。

文久元年は、861年。
日本橋に寿司好という屋号で開業し、
屋台を引きながら商売を始めたのが初代。

裏長屋に住みながら、
夜は日本橋界隈、上野の黒門町、神田の茅場町界隈で
屋台を出していたのだそうです。


きょうは、
その寿司政で、かみさんと待ち合わせしました。

待っているあいだに、
煮貝(つぶ貝)で、焼酎の水割りをいただきます。

この店は、
仕事がしてある物が美味いのですが、きょうは貝づくし。

かみさんが来て、
白ワインなんぞを飲みながら、あれやこれや話します。

そして、
久しぶりに、〆はばらちらし。

江戸前ならではのばらちらしは、
赤酢が効いたシャリを敷き、上にたっぷりの針海苔が乗り、
味に深みもたせる煮烏賊、かんぴょうのみじん切り、
シャキッとした食感の酢ばすを散らします。

再びシャリをそこへ酢ばす、かんぴょうに加えて、
今度はガリのみじん切りをのせます。

そして季節に合わせた魚貝類、
まぐろ、平目、烏賊、赤貝、海老、〆こはだ。
煮物は穴子、煮いか、しゃこ。

そこに白身魚で作った淡い桜色のおぼろをかけ、
うす焼き玉子、椎茸、青身の絹さやといった塩梅。

暫し、至福のときでありました。

バラちらし




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3139-1f307da8
    この記事へのトラックバック


    最新記事