「招かれざる客」

2017年05月25日 23:59

「招かれざる客」

先輩の奥さまが亡くなられて5日が経ちました。
昨日は、家族葬が執り行われたようです。

多分、
奥さまが寝ていらしたベットが空き、ご遺骨が安置された部屋で、
先輩は一夜を過ごしたことでしょう。


3日前に突然母上を亡くされた知人から
「家族葬なのですが・・・」とご連絡をいただきました。

そこで、お通夜に伺いました。
亡くなる直前まで、母上の異常に気づけなかったと
悔やんでいらっしゃいました。

母上は、
戦争でご両親を亡くされ、ご家族がいなかったのだそうです。

ですから、
母上は「家族がいるだけで幸せ」だとおっしゃっていたそうです。

知人は、「もう一度、母と話したかった」と悔しがっています。


きょうは、
わたしの恩人Kさんの七回忌のご命日でもあります。

6年前、
多分、5月25日がわたしたちの結婚記念日だということを知らずに逝きました。

悲しみも喜びも、5月25日。


さて、
本日、文芸坐三浦館が上映した作品は、
1967年公開のスタンリー・クレイマー監督作品「招かれざる客」。

ハワイで出逢って結婚を約束した男(シドニー・ポアチエ)は
ハンサムで有能な医師で黒人。女は白人。

女の両親は戸惑うのですが、
母親(キャサリン・ヘップバーン)は理解を示します。
しかし父親(スペンサー・トレイシー)はそうはいきません。

でも、それだけでは決められなかったのです。
何故ならもっと戸惑ったのは男の両親だったからです。

結局は、
娘の幸せを願い息子を愛しているから当然の決断をします。
親というものは古今東西同じことを考えるようです。

それにしても、
一組の結婚が如何に周りに影響を及ぼすのかという事例の一つであります。


そんなこんなをいろいろと考えながら、
通夜の帰りに、かみさんとグラスを合わせました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3123-c29614b1
    この記事へのトラックバック


    最新記事