グリーフケア

2017年05月23日 18:19

トキワツユクサ


会うは別れの始め」という諺がありますよね。

これは、
生者必滅会者定離(しょうじゃひつめつえしゃじょうり)」
というお経の一文から生まれた諺だそうです。

「生まれた者は死に、会う者は離れる定めにある」と言っています。

この現実の世界が、いつまでも変わらずに永遠に続くということはありません。
親子でも、夫婦でも、友人でも、いずれは互いの別れの時が必ずやってきます。

つまり、諸行無常であります。


先日、何か月間もペットロスを抱えている友人と会いました。
会えるまでに何か月もかかりました。

大切な存在がいなくなったら、どうなるか?
わたしたちにとっても、誰にとっても他人事ではありません。

早く元気をとり戻さなくちゃ・・・。
考えても仕方がないのだから、思い出さないようにしなくちゃ・・・。
早く忘れなくちゃ・・・。
明るく笑って生きていかなくちゃ・・・。

そんな葛藤がつづき、
“なくちゃ、なくちゃ!”と自身を励まして疲れ果ててしまうのでしょう。

だから、
頑張らないでいいと、思います。

どっぷり悲しみに浸ればいいと思います。
悲しみが、貴方を癒してくれると思います。


先日、突然亡くなった人がいます。
古くからの友人たちは、それぞれのやり方で悲しもうとしています。

3日前、最愛の奥さんを病で亡くした先輩がいます。
先輩は、昨日その報告をFacebookに載せました。

まだ、
どう悲しんでよいのかさえ分からない状況なのではないでしょうか。

いまは、
わたしたちが会える状況かどうかも分かりません。
わたしたち夫婦で先輩と会うことだって躊躇われます。

いつか、先輩が話せるようになるまで、見守っていたいと思っています。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3120-af2ee32b
    この記事へのトラックバック


    最新記事