「タワーリング・インフェルノ」

2017年05月21日 23:59

「タワーリングインフェルノ」

1975年昭和50年)といえば、わたしが高校を卒業した年ですが、
6月28日に「タワーリング・インフェルノ」が日本で公開されました。

わたしも、故郷・浜松の映画館で観た覚えがあります。

その一か月後、
わたしは、東京へ向かう列車の客になっていました。

映画を観ていたときは、
後々そのような事になるとは、思ってもいませんでした。


さて、文芸坐三浦館、
本日上映したのは、その「タワーリング・インフェルノ」です。

タワーリング・インフェルノ(The Towering Inferno)」は、
まさに「そびえる地獄の火柱」 と対峙した人間たちの闘いを描いた、
パニック映画の金字塔であります。

わたしが上京すると、当時新宿西口には京王プラザホテル
住友三角ビル国際通信センタービル新宿三井ビルがそびえ、
安田火災海上ビルは工事中で半分くらいでした。

それらを見上げて、
タワーリング・インフェルノ」と重ね合わせたのは言うまでもありません。

タワーリング・インフェルノ」は、要するに高層ビルが火事になる映画です。

スティーブ・マックイーンポール・ニューマンウィリアム・ホールデン
フレッド・アステアフェイ・ダナウェイジェニファー・ジョーンズ
ロバート・ワグナーリチャード・チェンバレンロバート・ヴォーン
そしてあのO・J・シンプソン

監督がジョン・ギラーミン、音楽はジョン・ウィリアムズという、
全員のギャランティだけでも何本の映画が製作できるんだろうという大作です。

しかし、興行成績は記録的大成功を収めたようですが、
“たかが映画”?なのに、そのスケールの大きさには圧倒されました。

日本の映画創りは “火の車”・・・。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3118-d3914b4d
    この記事へのトラックバック


    最新記事