映画「あ・うん」

2017年05月08日 18:06

「あうん」

本日の文芸坐三浦館が上映した映画は、
向田邦子“原作”の「あ・うん」であります。

本来は、向田邦子“脚本”のNHKドラマでしたが、
向田邦子さんが飛行機事故で亡くなられた後の
1989年に製作された降旗康男監督の映画です。

出演は高倉健板東英二富司純子

元・戦友で親友同士の主人公二人。
羽振りがよく男前で女性関係が派手な門倉(高倉健)と、
性格が地味でつましいサラリーマンの水田(坂東英二)。


さて、
物事の陰と陽、始まりと終わり、吐く息と吸う息、
狛犬で謂えば口を開けた「阿形」と、一方口を閉じた「吽形」ですが、
阿形」は物事の始まりを表し、「吽形」は終わりを表すと謂います。

また、
「阿」は口を開いて発声し、
「吽」は口を閉じて発声することから、吐く息と吸う息を表すとも謂います。

題名でもある「あ・うん」とは、
阿形」・「吽形」と性格が違えども一対を成す狛犬のような二人のこと。

その「阿吽の呼吸」の狛犬のような二人ですが、
阿形が健さんで、吽形が坂東さんというのは、
逆にキャスティングしたようで興味深いですよね。


ところで、この物語を理解するには、
描かれた時代のことを理解する必要があるでしょう。

一言で云えば“教育勅語”かな?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3106-16a01989
    この記事へのトラックバック


    最新記事