「故郷」

2017年05月05日 23:59

「故郷」

文芸坐三浦館、
昨日は山田洋次監督作品1970年公開の「家族」を上映しましたが、
本日の上映は、昨日の「家族」につづく山田洋次監督作品、
所謂“民子三部作(1970年の「家族」、1980年の「遙かなる山の呼び声」)”の第二作目。
主演は井川比佐志倍賞千恵子の1972年公開作品「故郷(ふるさと)」です。

家族」の炭鉱夫も、「故郷」の埋め立て用の砕石運搬船の船長も、
むかしは花形の職業だったことでしょう。

その経済構造が変化して、転職と故郷との別離を余儀なくされるというお話。

島を離れてゆく息子家族と島に残る老人。
出船の別れに祖父に抱きついて離れようとしない孫娘・・・。

主人公が呟きます。
「時代の流れとか、大きなもんには勝てんとか、それは何のことかいのう・・」

ネタバレ御免。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3103-ae002b37
    この記事へのトラックバック


    最新記事