「アパッチ砦」

2017年04月26日 18:02

「アパッチ砦」

きょうも西部劇を上映しました。

本日の文芸坐三浦館上映の映画は、
1948年公開のジョン・フォード監督作品「アパッチ砦」であります。

主演はジョン・ウェインヘンリー・フォンダ

騎兵隊とアメリカ先住民・・・つまり謂うところの“インディアン”。
この両者の闘いを描いています。

ジョン・フォードジョン・ウェインと騎兵隊とインディアン。
これぞ西部劇といったイメージを持つ人も多いことでしょう。

しかし、
これを現代の目で観ると、変わっていることが判ります。
西部劇も、ステレオタイプの見方が出来なくなりました。

騎兵隊は侵略者で搾取者でありました。アメリカ合衆国の原罪であります。


先住民を理解し認め話し合いを模索するジョン・ウェイン演じるヨーク大尉と、
白人に従わない反抗的な先住民を叩き潰そうとして功を焦るあまり無謀な作戦を実行し
多くの兵士を死なせてしまう司令官のヘンリー・フォンダ演じるサーズデイ中佐。

現代のアメリカ人はジョン・ウェインヘンリー・フォンダどちらを大統領に選ぶでしょう?



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3095-63cf68ce
    この記事へのトラックバック


    最新記事