「シン・ゴジラ」

2017年04月18日 19:00

「シンゴジラ」

文芸坐三浦館本日の上映は、
去年2016年7月に公開された東宝製作のゴジラシリーズ第29作「シン・ゴジラ」。
総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣であります。

むぅむぅ(義父)もわたしも観ていなかったので、
わたしはゆうべ深夜に観て、むぅむぅに向けては午前中に上映しました。


この映画を一言で表せば、
“大山鳴動してゴジラ一匹”というストーリーであります。

所謂「パニック映画」「危機管理ドラマ」なのですが、元祖「ゴジラ」がそうであったように、
第二次世界大戦と原爆と冷戦と水爆実験という要素が創り出したのが「ゴジラ」でしたが、
それが進化?して、東日本大震災原発事故熊本地震南海トラフ巨大地震を踏まえての
シン・ゴジラ」の誕生とヒットでありましょう。

そして、いままた東アジア情勢という要素が加わりました。

わたしたち日本人や人類にとって、
ゴジラ”に象徴される“危機”は、意外に近くにいるのかもしれません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3087-ccbc2d17
    この記事へのトラックバック


    最新記事