責任感

2017年04月05日 18:45



久しぶりに、怒りました。

ア然とした後で、モーレツに腹が立ってきました。

SNS上で、
感情的な書き込みをするのは得策ではありませんし、
読んで下さった方の心情を乱れさせることもありますから、
自制するべきだと思っているのでありますが、
いくらなんでも言っていいことと悪いことがある。

自主避難している人は自己責任でなどと言うのは、
国としての当事者意識が無いにも程があります。

復興大臣の記者会見での発言と振る舞いについては、
“公式”に“自己責任”を取ってもらいたいと思います。

但し、
大臣をむやみに誹謗中傷することは目的ではありません。
人格云々も必要のないことであります。

また、会見で質問した記者の質問の仕方を云う人もいますが、
質問の仕方が無礼であったかどうかよりも、内容が肝心でしょう。

記者は記者で、その任において取材や報道を通じ、
その役割を発揮し、責任を果たせばよいのだと思います。

それから、
大臣がワルイか記者がワルイかという議論には与したくありません。
福島県の責任か国の責任かの議論にも同様の想いを持っています。

この問題で、
あらゆる対立や分断を助長するような意見や動きには反対です。

そして、
当事者でない者が批判だけするな、のご意見も散見されますが、
この原発と放射能汚染に関するあらゆる問題については、
第一義的には東電と福島の土地から避難・自主避難されている方たち、
そして、避難指示が解除された地域に戻った方たちが当事者でしょう。

しかし、
福島県もそうですが、国も当事者です。
つまり、わたしたち日本人のみんなが当事者だということでしょう。

一方から、もう一方に批判を浴びせればよいというものではなく、
当事者として、政(まつりごと)を担う人たちの発言や振る舞いに
注目することは、むしろ国民として当然の責任だと思います。

福島へボランティアで行ったり、線量計を持参して線量測定したり、
募金活動をしたり、話を聴いたり、その土地の物を消費したり、
それも貴重なことだと思いますが、そんなことは何もしなくても、
我が国の、この問題の“当事者”だという意識を持っていることが、
最低限の大事な責任感なのではないかと、わたしは考えています。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3073-4b8738d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事