「望郷」

2017年03月25日 21:45

「望郷」

本日上映した文芸坐三浦館の映画は、
1937年公開のフランス映画「望郷」であります。

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、
ジャン・ギャバンが主演し、その名声を不動のものにしたと謂われる作品です。

さて、この映画の原題は「Pépé le Moko」で、
ジャン・ギャバンが演じる主人公の名前です。

そのペペ・ル・モコは犯罪者ですが、
パリからフランス領アルジェリアの中心都市アルジェに逃げてきました。
そしてこの物語のキーワードになるのが“望郷”の念というワケです。


ところで、ジャン・ギャバンといえばゴロワーズという煙草を思い出します。
フランスでは、どちちらかと云えば労働者が好んで吸う煙草だそうですが、
ジャン・ギャバンゴロワーズを短くなるまで吸って大量の煙を吐くのを見ると
美味そうに感じて、むかし買って真似してみましたが、キツイ煙草でした。

そういえば、
むかしの映画の主人公は、ほとんどみんな煙草を吸いました。

フランス映画で云えば、ジャン・ギャバンも、
アラン・ドロンジャン=ポール・ベルモンドも美味そうに煙草を吸いました。

そのフランスでも、
法律で映画の喫煙描写に規制をしようという動きがあるのだそうです。


わたしも、いまでは嫌煙家になりました。
「煙草を吸うのは構わないから、その煙は吐かないでね」とお願いしています。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3061-9fd5a9e9
    この記事へのトラックバック


    最新記事