「子別れ」

2017年03月10日 18:59

繁盛していた魚屋が酒でしくじってしまうのが「芝浜
腕のいい左官が博打でしくじってしまったのが「文七元結
腕のいい大工が酒と女でしくじって女房子どもと離縁する「子別れ

いずれも、腕のいい職人が「飲む、打つ、買う」でしくじる噺です。

酒と博打と女、いずれも、
宵越しの金は持たないと謂う職人たちの生き方で楽しみだったのでしょう。

また、三毒煩悩ということを申しますが、
「欲張り、怒り、愚かさ」という人間の煩悩なんかも落語のテーマであります。


病人に、煩悩の噺を聴かせるのもどうかと思いますが、
むぅむぅ(義父)も落語好きでしたから、聴かせております。

きょうは金曜日ですから、午前中には、介護士、来客、看護師、
午後は、入浴介助のみなさん、医師、看護師、介護士の訪問とつづきました。

あまりにタイトなスケジュールですので、
文芸坐三浦館の映画や文芸坐三浦寄席の落語をゆっくり楽しむことができません。
したがって、きょうはお休みしようと思ったのですが、夕方になって一段落しましたので、
落語「子別れ」のDVDをかけました。

啖呵

子別れ」は、
通しで演りますと長い噺なので、上・中・下とに分かれております。
きょうの「子別れ」は、下であります。

腕のいい職人だった大工の熊さんが、山谷の寺での葬式で酔っ払い、
帰りに吉原に繰り込んで三日も居続けてから家に帰りました。

まだ吉原の気分が抜けない熊さんが、吉原の女郎の惚気を云ったがために、
愛想を尽かした女房が子どもを連れて出て行ってしまいます。

そこで、女郎を後添えにしたものの、
朝寝はするし、家事はやらないし、昼間っから酒は飲むしでヒドイ女。
その女も家を出ていってしまいます。ここまでが、上と中であります。

独りになって初めて目が覚めた熊さん、酒を絶ちます。
それから3年。元々腕のいい職人ですから仕事は絶えることがありません。
大きな仕事の口が舞い込みます。

或る日、
大店の番頭と木場に木を見にゆく途中で、遊ぶ我が子に再会します。

訊けば、
女房は再婚もせず、間借りして近所の仕立て物をしながら子育てしているらしい。

つましい生活をしていると聞いた熊さんは、子どもを不憫に思ってに50銭を握らせます。
「オレからもらったって言うんじゃねーぞ」と言い聞かせたのですが、
母親にその50銭が見つかってしまいます。

「この50銭はどうしたの?」と訊いても「どっかのおじさんにもらった」と応える子ども。
ウソをついていると思った母親が、ゲンノウ(金槌)でぶつよと脅しますと、
「おとっつあんにもらったんだい」と白状してしまいます。

子どもから、
おとっつぁんは、まじめに働いているようだと元亭主のことを聴いた女房は、
子どもと熊さんに逢いにゆくのでしたが・・・。

下だけで演るときには「子は鎹(かすがい)」というお題にもなる「子別れ」、
芝浜」も「文七元結」も「子別れ」もハッピーエンドです。

いいですねぇ、落語はハッピーエンドで。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3046-b55f464d
    この記事へのトラックバック


    最新記事