「喜びも悲しみも幾年月」

2017年02月16日 17:53

「喜びも悲しみも幾年月」

きょうの文芸坐三浦館の上映作品は、
1957年(昭和32年)公開の松竹映画「喜びも悲しみも幾年月」。

木下惠介監督の大ヒット作品であります。

木下惠介監督は、
戦後の映画界で黒澤明監督と並び称される名匠でありますが、
静岡県浜松市の生まれです。

それでかどうかは判りませんが、
喜びも悲しみも幾年月」に登場する全国各地の灯台のなかで、
静岡県の御前崎灯台は物語でも象徴的に描かれている灯台です。

喜びも悲しみも幾年月」は、
昭和7年から昭和32年まで25年間の灯台守の家族を描いています。

戦争や息子の死といった悲しみと人生の喜びと家族愛を、
全国各地の灯台の在る景勝地を背景にして描いていますが、
佐田啓二高峰秀子が演じる夫婦が主人公です。


その佐田啓二さんといえば、
中井貴惠さんと中井貴一さんという二人のお子さんを遺して早世されました。

実はうちのかみさんと中井貴惠さんは同い年で、
共に林流の日本舞踊を習っていた幼馴染みです。

むぅむぅ(義父)も、
田園調布の家元のお稽古場で佐田啓二さんと遇ったことがあるそうです。

中井貴惠さんが7歳、中井貴一さんは3歳になる年に父上を亡くされたわけです。
そして去年2月、お二人の母上である佐田啓二夫人が亡くなられました。

夫と死別後、お一人でお二人のお子さんを育て上げた87年のご生涯でした。
喜びも悲しみも幾年月・・・。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3024-7a32bedd
    この記事へのトラックバック


    最新記事